NFTの確定申告の準備はこちらタップ

NFTの確定申告は大丈夫?クリプタクトで損益計算をする方法|税金計算ツール使い方

「NFTの税金をツールを使って簡単に計算したい」
「NFTの確定申告が不安なんだけど、どうすればいいの?」

と考えている人も多いのではないでしょうか。

私も不安だからいろいろ調べたのですが、控えめに言って

ややこしすぎワロタwww
(いや、笑えない…)

最初は「お金かけたくないから…」と思ってエクセルを開いてみましたが…

…10秒で諦めました。。。無理。

そこで、暗号資産損益計算ツールをいくつか試してみたところ、「クリプタクト」が良さそうだったので、いさぎよく課金しました。

クリプタクトに決めた理由
  • 日本の損益計算サービス
  • 全て日本語
  • 利用者数が多い
  • 情報が多く出回っている(と感じた)
  • 質問・相談できる場所を見つけた(のちほど紹介)

損益計算ツールなので、手入力などの負担はあります。

しかし、計算がかなり簡単になるので「予算を抑えつつ、ラクに確定申告を済ませたい!」という人におすすめですよ♪

まるげり

9000円ほどの手出しで、サクッと計算してくれます♪

この記事では、クリプタクトを使ってNFTの損益計算をする方法を紹介します。

この記事でわかること
  • 【STEP0】NFT損益計算の全体像
  • 【STEP1】クリプタクトの登録方法
  • 【STEP2】暗号資産取引所の履歴を読み込ませる方法
  • 【STEP3】NFT損益計算の準備
  • 【STEP4】クリプタクト専用フォーマットへの入力方法
  • 【STEP5】クリプタクトに読み込ませて損益を出す方法

記事を読むことで、クリプタクトを使ったNFTの損益計算の操作方法や、困ったときに相談する場所がわかるようになりますよ。

私は税理士ではないので、税金の詳しい内容の取り扱ったり相談を受けたりできません。
この記事はあくまで「クリプタクトの操作を紹介する」という位置づけでご覧ください。

税金の相談は、税理士さんに相談してみてくださいね。

\ 仮想通貨の損益計算でもう迷わない /

タップできる目次

【STEP0】NFT損益計算の全体像確認

まずは、NFTの損益計算の全体像を確認しましょう。

NFTの売買をする場合、

  • NFTを買うとき
  • NFTを売るとき
  • 暗号資産取引所で円に換金するとき

の3ヶ所で税金がかかります↓

マルくん

え?NFTを買うときにも税金がかかるの?

かかります。

正確には「NFTの購入には税金はかからない」けど、「ETHの価格上昇分に税金が発生する」という感じです↓

詳しく知りたい人は

NFTにいつ税金がかかるかを知りたい人は、一度クリプタクトのホームページで確認してみてくださいね。

マルくん

株みたいに、暗号資産取引所が全部税金の計算してくれないの??

してくれません。

なぜなら、暗号資産取引所は、下の図の青の部分しか取引履歴を把握できないからです↓

複数の取引所やメタマスクなどのウォレットを扱った場合、全てのやり取りを追えるのは「本人(あなた)」だけです。

マルくん

えー!じゃあどうやって計算したら良いの??

クリプタクトを使う場合は、

青の部分は「暗号資産取引所の履歴をダウンロードして読み込ませる」だけなので、一瞬で終わります↓

ピンクの部分は、「メタマスクの取引履歴を、クリプタクト専用の形に入力して読み込ませる」をすればOKです↓

まるげり

ここの作業が難しい(手間)ですが、あとはクリプタクトが自動計算してくれます♪

まとめると、私たちがしなければならないことは、次の5ステップとなります。

クリプタクトを使ったNFTの損益計算5ステップ
  1. クリプタクトに登録する
    (簡単:3分)
  2. 暗号資産取引所の履歴をクリプタクトに読み込ませる
    (簡単:5〜15分)
  3. NFT売買の取引履歴をダウンロードする
    (簡単:5分)
  4. NFT取引履歴を「クリプタクト専用フォーマット」に打ち込む
    (難しい:人による。…数時間〜数日?w)
  5. NFT取引履歴をクリプタクトに読み込ませる
    (簡単:ミスがなければ5分)
マルくん

STEP4さえ乗り越えればなんとかなるってことだね…

1つ1つ詳しく見ていきましょう!

【STEP1】クリプタクトに登録

NFTの損益計算をラクにするために、クリプタクトを使っていきます。

登録は無料です。(50件まで取り扱い可能)

ただし、NFTの損益計算をするためには「カスタム取引」を扱わなければならないので、有料プランに入る必要があります

スクロールできます
機能無料お試しライトスタンダードアドバンス
年額/税込¥0¥8,800¥19,800¥33,000¥55,000
年間取引件数505005,00050,0001,000,000
海外取引所自動対応××
カスタム取引×
カスタム取引
サブカテゴリー利用
×××
DeFi取引の自動対応××××
取引履歴一覧
ダウンロード
×
法人強化損益対応×××
アップロード時
ファイル容量
50MB50MB80MB80MB100MB
詳細設定×
※プレミアムと億り人プランは掲載していません
まるげり

私は一番安い「お試しプラン(¥8,800)」に入りました!

アドバンスプラン(¥55,000)に入れば、DeFi取引の自動対応までしてくれるので、かなり楽になると思ったのですが、

そんなに多く利益が出ているわけではないので、今年は「お試しプラン+手入力」でいくことにしました。

…とはいえ、いきなり課金は勇気がいりますよね。

まずは無料で使ってみて、使い勝手がよさそうなら後から課金を検討しましょう♪

まるげり

無料でも、この記事の【STEP4】までできます
まずはそこまでやってみましょう♪

クリプタクトに登録する

クリプタクトの無料登録は3分あればできます。

まるげり

サクッと登録を済ませましょう!

手順
クリプタクトの公式ページへ行く

下のボタンから、クリプタクトの公式サイトへいく↓

\ 仮想通貨の損益計算でもう迷わない /

手順
無料アカウントを作成する

無料アカウント登録のボタンをクリック↓(どっちでもOK)

メールアドレスの入力とチェックを付けたら「送信する」をクリック↓

メールが届きます↓

メールに届いたリンクをクリック↓

パスワードを設定して「アカウント登録」をクリック↓

手順
ログインしてみる

メールアドレスとパスワードを入力してログインしてみましょう↓

総平均法を選んで「続ける」をクリック↓

初期設定完了です↓

ログインしたら、このような画面になります↓

さっそく有料プランを使いたい人

次の手順で有料プランを使えるようになります。

右上のメールアドレスを押して、「アカウント」をクリック↓

プラン設定をクリック↓

「プランを変更する」をクリック↓

希望のプランを選んで↓

支払い方法を入力して「支払いを確定する」をクリック↓

まるげり

これで有料プランを使えるようになりますよ♪

【STEP2】暗号資産取引所の履歴をクリプタクトに読み込ませる

クリプタクトに登録したら、暗号資産取引所(コインチェック・GMOコインなど)の取引履歴をクリプタクトに読み込ませましょう。

読み込ませるには、次の作業が必要です。

  1. 利用している暗号資産取引所の取引履歴をダウンロードする
  2. 取引履歴をクリプタクトにアップロードする

それぞれ見ていきましょう。

1.暗号資産取引所の取引履歴をダウンロードする

お使いの取引所(コインチェック・GMOコインなど)から、取引履歴をダウンロードします。

暗号資産取引所によってやり方が違うので、まずは自分の取引所のダウンロード方法を確認しましょう。

アップロードをクリック↓

利用している取引所を選びます↓

「ヘルプページ」をタップすると、各取引所の履歴のダウンロード方法が確認できます↓

まるげり

あとは、それぞれの方法でダウンロードを済ませましょう

コインチェックを使っている人は、こちらにダウンロード方法を置いておきますね↓

【タップ】コインチェックの取引履歴ダウンロード方法

コインチェックにログインして、アカウントマークを押し、「取引履歴」をクリック↓

画面下の「業界標準フォーマットはこちら」をクリック↓

取引を行っている月の「ファイル作成」をクリック↓

「ダウンロード」をクリック↓

必要な月の分を全てダウンロードしましょう↓

まるげり

複数取引所を扱っている場合は、それぞれの履歴をダウンロードしておきましょう

2.取引履歴をクリプタクトに読み込ませる

それぞれの取引所でダウンロードした取引履歴を、クリプタクトに読み込ませていきましょう。

まるげり

今回はコインチェックを例に紹介しますね
(他の取引所もほぼ同様)

クリプタクトを開き「アップロード」をクリック↓

使っている取引所を選ぶ↓

取引履歴をアップロードする↓

アップロード完了したらこんな感じ↓

アップロードをクリック↓

まるげり

コインチェックの場合、これで1ヶ月分のアップロードが完了です

他の月の分をアップロードする場合は「アップロードを続ける」をクリック↓

何度もアップロードを続けたら、完了です↓

まるげり

これで完了ですよ♪

左上のタブ「取引履歴一覧」をクリックしたら、実現損益が表示されます↓

マルくん

つぎはいよいよ「NFTの損益計算!!」

\ 仮想通貨の損益計算でもう迷わない /

【STEP3】NFTの取引履歴を準備する

NFT取引履歴のまとめる前に、次のものを準備しましょう。

NFT取引履歴をまとめる手順
  1. メタマスク(ウォレット)の取引履歴をダウンロード
  2. クリプタクト専用フォーマットをダウンロード

それぞれやり方をみていきましょう。

1.メタマスクの取引履歴をダウンロード

まずは、NFTの取引履歴をダウンロードします。

メタマスクのイーサスキャンからダウンロードすることもできますが

まるげり

イーサスキャンはちょっと見づらいんですよね…

なので、エンさんのツール「Payment History」を使うのがおすすめです↓

まるげり

NFTの取引履歴が一瞬でダウンロードできます
(しかも見やすい!感動しますよ♪)

使い方・ダウンロード方法はこちら↓

手順
ウォレットアドレスを入力する

ピンク枠の部分にウォレットアドレスを入力します↓

マルくん

メタマスクを接続しなくていいので、セキュリティ的にも安心♪

手順
取引履歴を表示する

ボタンをクリック↓

手順
ダウンロードする

「Export」をクリック↓

まるげり

これで取り込み完了です!

イーサリアム版もポリゴン版も使い方は一緒です。

メタマスクを複数利用している人は、それぞれのウォレットアドレスを入力してダウンロードしましょう!

2.クリプタクト専用フォーマットをダウンロード

NFTの取引履歴をダウンロードできたら、今度は「クリプタクト専用フォーマット」をダウンロードしましょう。

まるげり

エクセルかCSVのどちらかをダウンロードすればOK!

ここまでダウンロードできたら、STEP4へ進みましょう。

【STEP4】クリプタクト専用フォーマットに入力

「Payment History」でダウンロードしたNFTの購入履歴を「クリプタクト専用フォーマット」に入力しなおします。

まるげり

ここが一番大変です

クリプタクト専用フォーマットに入力しなおす手順は、次のとおりです。

  1. クリプタクト専用フォーマットに必要な項目のみコピペする
  2. 取引を思い出す
  3. 書き換えが必要な部分を修正する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.「Payment History」の必要項目をコピペする

クリプタクトに読み込ませるには、クリプタクト専用フォーマットに入力する必要があります。

エンさんの「PaymentHistory」の20項目のうち、クリプタクト専用フォーマットに必要な列のみコピペして貼り付けます↓

貼り付けは、以下のように行っていきましょう。

  • Timeをコピー → Timestampへ貼り付け
  • Event Typeをコピー → Actionへ貼り付け
  • Platform Typeをコピー → Sourceへ貼り付け
  • Titleをコピー → Baseへ貼り付け
  • 該当なし → Volume
  • Value(ETH) → Priceへ貼り付け
  • 該当なし → Counter
  • TX Fee(ETH)→ Feeへ貼り付け
  • 該当なし → FeeCcyへ貼り付け

貼り付けたらこんな感じです↓

マルくん

それぞれの項目がどういう意味なのか知りたいな!

それぞれの項目の意味と表記例は以下のようになります↓

項目意味表記例
Time日時2022/8/27 15:04:29
ActionしたことBUY
Source取引したサイトOpen Sea
BaseNFTの名前USER-APP
Volume購入したNFTの数5
PriceNFT1つあたりの金額0.001
CounterNFT代の単位ETH
Feeガス代・手数料0.00098
FeeCcyガス代の単位ETH
CommentメモAPP5体ミントした

2.取引を思い出す

クリプタクト専用フォーマットに移し替えたら、それぞれが何の取引だったのかを思い出しましょう

マルくん

ひゃ〜!マジかー!

まぁまぁ時間かかりますが、

このときコレゲットしたんだ〜!

とか

早押しで負けてガス代だけ取られた履歴やー!

とか、思い出すのは結構楽しいですwww

思い出せたものは、一番右の「Comment」のところにメモしておくといいですよ↓

マルくん

どうやって思い出したらいいの?

まずは、先ほど紹介したエンさんのツール「Payment History」を見てみましょう。

すると、ゲットしたNFTの画像が表示されているので、それを元にメモをするのがおすすめです↓

まるげり

NFT専用のミント手帳とか、カレンダーアプリを作っている人は、それを見直すのもいいですね♪

3.書き換えが必要な部分を修正する

クリプタクトの記入方法に沿って、書き方を修正していきます。

下のピンク枠(メタマスクの取引履歴)で税金に関わるのは「買ったとき」「売ったとき」でしたね↓

※ガス代が経費になるかどうかは、意見が分かれるところだそうです。
今回は経費として入力しますが、超無難にいくならガス代を除いて計算するとよいでしょう。

なので、ここでは

  • 買ったとき:BUY
  • 売ったとき:SELL
  • ガス代など:SENDFEE

の入力方法を確認しますね。

「買ったとき:BUY」の入力方法

NFTを買ったとき(BUY)の記入例はこちらです↓

参照:クリプタクト「サポート事例の紹介」

実際の例を紹介すると、私が

  • 10/30の12:07
  • ミントサイトで
  • あおぱんだパーティ
  • 5体(1体0.001ETH)
  • ガス代0.00449ETH

でゲットした場合、以下のような記入になります↓

注意点は、次の4つです。

Sourceには「OpenSea」や「MintSite」を記入

Baseは「USER-◯◯」という名前を入力するのですが、そのときのルールは以下の3つです。

  • “USER-“という文字列ではじめる
  • 半角数字・半角英大文字・パウンドサイン(#)が使える
  • 15文字まで

決まりに合うように入力していきましょう。(小文字英語はエラーになるので注意!←これ苦戦しました…。。。

まるげり

今回のあおぱんだパーティの例では「AoPandaParty」の頭文字を取って「USER-APP」にしてみました

Volumeには、購入したNFTの個数を入力します。

Priceは、NFT1つあたりの金額を入力します。

エンさんのツールで出てくる金額は「合計額」なので、1つあたりの金額を計算して入力し直しましょう↓

まるげり

合計金額じゃないので注意!

「売ったとき:SELL」の入力方法

NFTを売ったとき(SELL)の記入例はこちらです↓

参照:クリプタクト「サポート事例の紹介」

仮に、私が

  • 11/1の12:07
  • オープンシーで
  • あおぱんだパーティ1体
  • 1.1ETHの価格
  • ガス代0.00449ETH

であおぱんだパーティを売った場合は、以下のような記入になります。
(いや、本当は売ってないですよ!ぱんだロックでガチホ中♪)

「ガス代など:SENDFEE」の入力方法

ガス代のみが発生したとき(SENDFEE)の記入例はこちらです↓

参照:クリプタクト・カスタムファイルの作成方法(2.5送金手数料)

私がマゼゴリのミントに失敗ときのを例に↓

  • 2022年9月24日18:20:11
  • マゼゴリミントサイトにて
  • ガス代0.00026のみ発生した

というようにガス代のみを払った場合は、以下のように書きます。

注意点は

Baseには「ETH」と入力する

Volumeに「ガス代」を入力

Priceは「空白」

CounterとFeeCcyは「JPY」を入力

まるげり

買うとき・売るときと比べて、書き方が独特なので要注意です

その他の場合はどうしたらいいの?

入力していたら、おそらく手が止まる瞬間がくると思います。

たとえば…

  • Giveawayはどうしたらいいの?
  • バー忍の場合は?
  • 手裏剣NFTは?

そんなときは、税理士さんがいるDAOで「過去ログを検索する」or「質問する」のがおすすめです。

私がチェックしている中で、最もクリプタクトの扱い方について詳しく説明されているのは「X2E-DAO」の税金相談室です。

まるげり

副業ぜいりしのもりたさんが、丁寧に教えてくださってますよ

ただし、いきなり質問すると、もりたさんの負担になるので

  1. X2E-DAOの検索窓に「クリプタクト」と入力する
  2. 出てきたログを追って、クリプタクト関連の情報を見つける
    (「もんたこママさん」と「もりたさん」のやりとりが超絶勉強になります。本当にありがたいです!)
  3. それでもわからないことがあれば質問する

というように、まずは自分で過去ログを読み漁ってみてくださいね♪

他にも、税金関係の情報が欲しい人は

  • キャラDAOの税制コンテンツ部屋
    (そのうちホルダー限定になるかも??)
  • マネリテDAO
    (税金専門部屋は見つけられてないのですが、大河内先生のDAOなので確定申告系の質問できそうですよね)

あたりもチェックしておくのがおすすめです。

\キャラDAOに参加する/

マネリテDAOは、ディスコード参加URLが発行できなかったので、大河内先生のVoicyを聴いてから入る「正規ルート」がよいでしょう↓

【STEP5】クリプタクトにアップロードする

入力が完了したら、ファイルをクリプタクトにアップロードしましょう。

クリプタクト専用フォーマット(カスタムファイル)を読み込ませるためには、有料プランにする必要があります。

有料プラン設定はこちら(ジャンプ)↑

取引履歴のアップロードをクリック↓

カスタムを選択↓(有料会員じゃないとできません)

ファイルをアップロード↓

アップロードをクリック↓

まるげり

これでアップロード完了です

おそらくアップロードしたら、何かしらのミスがあるので(←)、以下のようになると思います↓

この場合は「2行目のVolumeに間違いがある」ということなので、データを修正しましょう。

うまくいくと、以下のような「実現損益」を確認できるようになりますよ↓

まるげり

あとは確定申告ですね!

個人で確定申告するなら

個人で確定申告する場合は、会計ソフトを使うと簡単できます。

私が個人的に使っているのは「会計freee」です。

初心者でも使いやすいので、会計ソフトに迷っている確定申告初心者さんにはおすすめですよ♪

\ 初心者でもラクラク確定申告 /

まとめ

クリプタクトを使ってNFTの損益計算をする方法(操作方法)を紹介しました。

基本的な操作方法はこの記事で確認できますが、細かいところはアドバイスできません。(税理士ではないため)

困ったときは、税務署の相談コーナーや、X2E-DAOの税務相談室で質問をしてみてくださいね。

クリプタクトを使えば、かなり計算が楽になるので、ぜひ導入してみてくださいね!

\ 仮想通貨の損益計算でもう迷わない /

また、NFTの税金に関わる本を読んで勉強するのもおすすめです。

こちらの「NFTの会計税務」の本は、損益計算をするときに手元に置いておきたい1冊です。

著:畠山謙人
¥1,000 (2022/11/30 00:55時点 | Amazon調べ)

買ったら1,000円しますが、Kindle Unlimitedなら読み放題対象なのでサクッと入会して読むのがおすすめです。

\ 2ヶ月99円キャンペーン! /

400万冊が読み放題!1/9まで

KindleUnlimitedについて詳しく知りたい方はこちら↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次